AGAの情報

AGAは、思春期を過ぎた男性が発症する薄毛(ハゲ)です。
主な原因はDHTと言う悪玉脱毛ホルモンの生成にあります。
早い人では、10代後半や20代前半から若ハゲになる人もいて、進行速度が速いので注意が必要です。

 

AGAに効果がある薬は男性の場合、病院でしか処方してくれない「フィナステリド内服薬」と「ミノキシジル」だけです。

 

大々的に広告を出している市販のほとんどの育毛剤や育毛シャンプーは厚生労働省が効果を認めていない「化粧品」や、効果のある成分を含んでいるだけで発毛の効果はない「医薬部外品」に分類されています。

 

薄毛や若ハゲに悩んでいる人に高額で売りつけている育毛剤には注意が必要です。
AGAかもしれないと思ったら、確かな知識と経験、実績があるAGA治療専門病院で診察してもらう事が克服する一番おすすめ方法です。

AGAについての情報記事一覧

AGA原因|男性ホルモン・遺伝・ストレス・生活習慣の乱れがAGAの原因

AGAとはまだ20代や30代なのに抜け毛が気になる方。もしかしたら、それは「AGA」かもしれません。抜け毛の原因には実にさまざまな原因がありますが、中でも男性に多いのが、AGAです。AGAは、Androgenetic Alopeciaの略で、「男性型脱毛症」という意味があります。簡単に言うと、男性の...

≫続きを読む

 

プロペシアの効果について

プロペシアはフィナステリドという成分が使われた治療薬です。男性型脱毛症であるAGAの治療によく用いられています。進行性で症状に悩む人が多いAGAですが、プロペシアを使うことで、徐々に薄毛の症状がなくなっていき、頭髪状態を改善できるように促してくれます。AGAに対する効果が発揮される理由は、原因である...

≫続きを読む

 

プロペシアの副作用について

プロペシアは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として、わが国では10年余前から使われています。元々は、アメリカの製薬会社が開発した薬で、医師の処方が必要です。プロペシアの成分は、フィナステリドという物質が主です。この物質は、最初は男性の前立腺肥大を治療する目的で開発されていたものの、治験の段階で男性型...

≫続きを読む

 

ミノキシジルの効果について

血管拡張作用があることで、治療薬に使われているのがミノキシジルという成分です。本来は血管が収縮しがちな高血圧の人の治療薬として開発された成分でありながら、投与した患者に発毛効果が見られたことから、薄毛治療の現場で一般的に用いられるようになりました。人の毛髪は血液によって運ばれてくる栄養を用いて、たく...

≫続きを読む

 

ミノキシジルの副作用について

ミノキシジルはプロペシアと同様にAGAの治療薬として使用される薬です。AGAは男性型脱毛症と呼び、若いうちから頭頂部や生え際の部分が薄くなっていきます。進行していく薄毛で、何らかの治療を行わない限り、どんどん髪の毛は薄くなっていきます。ミノキシジルは現在ではAGAの治療薬として使用されていますが、も...

≫続きを読む

 

フィンペシアとは

フィンペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療薬の一つです。同じくAGAの治療薬であるプロペシアとほぼ同成分で、効果もほとんど変わらないという特徴を持っています。また、プロペシアに比べて価格がかなり安価であることから、代わりに使用しているという人も少なくありません。フィンペシアには、髪の毛の成長を阻害す...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ