AGA原因

AGAの原因|男性ホルモン・遺伝・ストレス・生活習慣の乱れが原因!

 

AGAとは

まだ20代や30代なのに抜け毛が気になる方。もしかしたら、それは「AGA」かもしれません。抜け毛の原因には実にさまざまな原因がありますが、中でも男性に多いのが、AGAです。
AGAは、Androgenetic Alopeciaの略で、「男性型脱毛症」という意味があります。簡単に言うと、男性の髪が薄くなる症状のことです。薄毛の進行の仕方は人それぞれですが、前頭部の生え際が後退していくM字ハゲと、頭頂部を中心に抜け毛が起こる頂点ハゲが特徴的な症状です。中には、この2つが同時に進行する方もいらっしゃいます。円形脱毛症のように不特定部位が一部脱毛するようなことはなく、また髪の毛が全て抜け落ちてしまうということもほぼありません。
AGAの恐いところは、思春期を終えた成人男性なら年齢問わず発症する可能性があるという点です。現在AGAの症状で悩んでいる男性はおよそ1,260万人!つまり、日本人男性のおよそ4〜5人に1人はAGAの症状に悩んでいるのです。なんだか少し心強いですね。

 

 多くの男性が悩みを抱えるAGAですが、しっかりと原因を探ることで、AGAを治療することも可能になります。では、AGAを引き起こす主な4つの原因について取り上げてみましょう。

 

AGAが起こる主な4つの原因

男性ホルモン

 AGAが起こる原因の一つに、男性ホルモンであるテストステロンの存在が大きく関わっています。テストステロン自体が悪いというのではなく、このテストステロンが5αリガクターゼ酵素によってジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone、以下DHT) が生成されることで、AGAの症状が出始めます。
 DHTは、テストステロンと同じく男性ホルモンの一種ですが、毛根に存在する毛乳頭細胞の受容体と結合するという特徴があります。この結合によって、髪の毛を作るための細胞分裂を止めてしまうことになり、太くて長い髪の毛が作られにくくなってしまうのです。男性ホルモンの存在は、筋肉や骨格、体毛やヒゲの生成などに一役買う大切なホルモンですが、一方で、毛根のヘアサイクルを乱してしまう原因にもなっています。

 

遺伝

 AGAの原因で多いものの一つに、遺伝があります。AGAの症状がある親戚がいる方は、AGA予備軍と言えるでしょう。AGAになりやすい人の遺伝子には、普通の人と違う点がひとつあります。それは、X染色体に存在するアンドロゲンの受容体遺伝子に、変異があることです。この変異によってアンドロゲン受容体がDHTと結合しやすくなり、DHTの作用がより強くなってしまうのです。
 このように、特徴的な遺伝子を持っている人はハゲ予備軍とされ、DHTが増える環境に置かれると薄毛になりやすい傾向があります。X染色体は母親から受け継ぐ遺伝子なので、母方のおじいちゃんがAGAの症状があれば、あなたもAGAになる可能性がありそうです。

 

食生活や生活習慣の乱れ

 AGAの原因でないがしろにされがちなのが、食生活や生活習慣の乱れです。うちの家系は大丈夫!と思っていたのに、何だか最近抜け毛が増えた…という方。毎日何本もタバコを吸っていませんか?あるいは、寝る直前にビールを飲んだり、夜中に揚げ物やラーメンなどの高カロリーな夜食を食べたりしていませんか?また、お仕事が忙しくて昼夜逆転した生活になっている方や、慢性的な運動不足に陥っている方なども要注意です。
 食生活や生活習慣の乱れは、体内の血液をドロドロにし、血行不良を招きます。血行不良とAGAは一見関係がなさそうに感じますが、とても密接に関係しているのです。髪の毛が作られるためには、毛乳頭細胞へ充分な栄養が血液から届けられ、細胞が元気に細胞分裂することが必要不可欠だからです。
 薬用シャンプーや処方薬の服用などでどんなに薄毛治療をしていても、元気な髪の毛を作る元の部分へ十分な栄養が届かなければ、髪の毛は復活しません。薄毛対策をより効果的にするためにも、野菜やビタミンが豊富な食事を心がけ、禁煙、運動などを取り入れていきましょう。

 

ストレス

 食生活や生活習慣の乱れもそうですが、心身にかかるストレスも、AGAを引き起こす大きな原因の一つです。ストレスは自律神経の乱れを引き起こすため、その影響で代謝も悪化して血流が悪くなり、毛根へ栄養が届けられない環境となってしまいます。
また、代謝が乱れることによってホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンであるテストステロンが正常に分泌されなくなってしまう状態にもなりえます。すると、テストステロンが少ない分を補おうとし、DHTが過剰に分泌されてしまうこともあるのです。
1日でたまった疲れを解消するためには、湯船にゆっくり浸かることをおすすめします。体全体を温めることで自律神経の乱れが整い、血流も良くなります。ストレスが解消される上に毛根にも十分な栄養を送ることができますので、一石二鳥ですよ。

 

 

 このように、AGAの原因には、実にさまざまな種類があります。自分が今どの状態にあるのかを把握し、適切に対処することで、AGAから脱出する糸口を見つけることができそうです。

関連ページ

プロペシアの効果について
プロペシアはフィナステリドという成分が使われた薬で、男性型脱毛症であるAGAの治療によく用いられている効果の高いものです。。プロペシアの効果が発揮される理由は、原因であるジヒドロテストステロンを抑える作用を持っているからです。
プロペシアの副作用について
プロペシアは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として日本では10年余前から使われていますが副作用もあります。ひとつは、肝臓に障害があらわれるという副作用です。次に、精力減退や勃起不全などの生殖器関連の副作用です。3番目は、皮膚や口内等に発疹や蕁麻疹がでるような副作用もあります。プロペシアを使用する際は医師の診断が不可欠である事を覚えておいてください。
ミノキシジルの効果について
ミノキシジルは本来、高血圧の人の治療薬として開発された成分でありながら、投与した患者に発毛効果が見られたことから、薄毛治療の現場で一般的に用いられるようになりました。薄毛の人は何らかの原因で血液の流れが滞り、頭部の毛細血管への血流が妨げられている可能性があります。滞りがちな毛細血管をミノキシジルの作用で押し広げて、栄養をたっぷりと届けることにより、発毛力をよみがえらせる効果があります。
ミノキシジルの副作用について
ミノキシジルの副作用としては、頭皮のかゆみ、炎症、湿疹、脂漏性皮膚炎などがあります。ミノキシジルの量が多いほど、副作用としてのかゆみなども起きやすくなっています。それ以外のミノキシジルの副作用としては、眠気や頭痛、体重の増加、倦怠感、むくみなどがあります。まれに、呼吸が荒くなったり、胸が重くなる、妙にイライラとするといった症状が出ることもあります。
フィンペシアとは
フィンペシアとは男性型脱毛症(AGA)の治療薬の一つです。同じくAGAの治療薬であるプロペシアとほぼ同成分で、効果もほとんど変わらないという特徴を持っています。また、フィンペシアはプロペシアに比べて価格がかなり安価であることから、代わりに使用しているという人も少なくありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ