ミノキシジルの副作用について

ミノキシジルの副作用について

ミノキシジルはプロペシアと同様にAGAの治療薬として使用される薬です。
AGAは男性型脱毛症と呼び、若いうちから頭頂部や生え際の部分が薄くなっていきます。進行していく薄毛で、何らかの治療を行わない限り、どんどん髪の毛は薄くなっていきます。

 

ミノキシジルは現在ではAGAの治療薬として使用されていますが、もともとは血圧をさげる高血圧の飲み薬として使用されていました。
その副作用で多毛症が出たので、応用し、育毛剤として使われるようになりました。
ミノキシジルの場合、ドラッグストアでも買うことのできる外用薬と、タブレット状の内服薬とがあります。

 

頭皮に振りかけるタイプのミノキシジルの場合、副作用としては、頭皮のかゆみ、頭皮の炎症、湿疹、脂漏性皮膚炎などがあります。
ミノキシジルの量が多いほど、かゆみなども起きやすくなっています。
頭皮に何らかの炎症がある場合は、さらに炎症を拡大させてしまうので、炎症が静まってから使用するようにします。傷がある場合も利用は控えるようにします。

 

この他のミノキシジルの副作用としては、、眠気や頭痛、体重の増加、倦怠感、むくみなどがあります。まれに、呼吸が荒くなったり、胸が重くなる、妙にイライラとするといった症状が出ることもあります。

 

ミノキシジルタブレットの場合、経口薬であり、ミノキシジルの含有量も外用薬よりも多いことから、副作用が出やすくなっています。
タブレットの副作用には血圧の低下、むくみ、はきけ、心拍数の増加があります。
これは、もともと血管を拡張する効果がある薬だからです。また、降圧剤などを服用している場合、ミノキシジルタブレットを併用してしまうと、血圧が下がりすぎてしまうことがあります。

 

低血圧の人の場合は、さらに血圧が下がりすぎてしまう可能性があり、倒れてしまう危険性もあります。
血圧になんらかの異常がある場合は、使用するのを控えると良いでしょう。
薬を使用する場合は、事前に何の薬を服用しているのか医師に伝えておくと安心です。

関連ページ

AGAの原因
AGA「男性型脱毛症」は男性ホルモン・遺伝・食生活や生活習慣の乱れが原因で発症します。20代や30代なのに抜け毛が気になる方は、AGAを疑ったほうが良いでしょう。現在AGAの症状で悩んでいる男性はおよそ1,260万人。AGAの原因を知って、適切な対策を取りましょう!
プロペシアの効果について
プロペシアはフィナステリドという成分が使われた薬で、男性型脱毛症であるAGAの治療によく用いられている効果の高いものです。。プロペシアの効果が発揮される理由は、原因であるジヒドロテストステロンを抑える作用を持っているからです。
プロペシアの副作用について
プロペシアは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として日本では10年余前から使われていますが副作用もあります。ひとつは、肝臓に障害があらわれるという副作用です。次に、精力減退や勃起不全などの生殖器関連の副作用です。3番目は、皮膚や口内等に発疹や蕁麻疹がでるような副作用もあります。プロペシアを使用する際は医師の診断が不可欠である事を覚えておいてください。
ミノキシジルの効果について
ミノキシジルは本来、高血圧の人の治療薬として開発された成分でありながら、投与した患者に発毛効果が見られたことから、薄毛治療の現場で一般的に用いられるようになりました。薄毛の人は何らかの原因で血液の流れが滞り、頭部の毛細血管への血流が妨げられている可能性があります。滞りがちな毛細血管をミノキシジルの作用で押し広げて、栄養をたっぷりと届けることにより、発毛力をよみがえらせる効果があります。
フィンペシアとは
フィンペシアとは男性型脱毛症(AGA)の治療薬の一つです。同じくAGAの治療薬であるプロペシアとほぼ同成分で、効果もほとんど変わらないという特徴を持っています。また、フィンペシアはプロペシアに比べて価格がかなり安価であることから、代わりに使用しているという人も少なくありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ