はげの種類と対策|気になる「M字」「つむじ」「てっぺん」はげの対策

はげの種類と対策|「M字」「つむじ」「てっぺん」はげの対策

ここ数年で女性のみならず男性の中でも美容に関する意識が高まっています。そのためスキンケアなどを男性は増えてきていますし、メイクやネイルケアなどに熱心になっている男性も少なくはありません。

 

そしてそのような傾向があるため、男性は一昔前よりも毛髪に関する悩みを持つことが多くなっています。元々男性は髪に悩みを持つことが多く、いわゆる「はげ」について悩んできました。

 

現在では育毛剤などが多数販売されていますし、AGA治療専門病院や植毛など様々な方法で抜け毛や薄毛などが予防されています。しかし、より効率的に行うためには自分のはげの種類を把握しておく事が肝心なポイントになります。

 

典型的なハゲの種類「AGA」

現在では、はげは大きく分けると7種類あるとされていて原因や対策に違いが生じています。
まず最も一般的に知られているのがAGAで、これは男性型脱毛症と呼ばれています。M字型(M字ハゲ)やO字型(てっぺんハゲ・つむじハゲ)にはげてしまい、場合によっては2種類以上を併発する事があります。

 

この男性型脱毛症の原因は基本的には男性ホルモンや遺伝になっていて、男性ホルモンがはげを引き起こすホルモンに変換されて起こると起こります。
そのためホルモンの影響を受けにくい方などはなりにくいのですが、この男性型脱毛症はストレスや生活習慣などが原因でも起こる事があります。

 

女性のハゲ「FAGA」

次にFAGAですが、こちらは女性男性型脱毛症と呼ばれています。女性男性型脱毛症は女性のみに見られ、全体的に髪が薄くなっていくと言う特徴があります。

 

特に40代前後から顕著に見られ、女性ホルモンの減少に伴い男性ホルモンの影響が大きくなったことが原因になっています。また誤ったヘアケアのやり方や生活習慣も関係していますので、最近では比較的若い方でも起こるケースが多くなっています。

 

若ハゲの一種「若年性脱毛症」

次に挙げられるのが若年性脱毛症になります。
こちらは文字通り若い方に見られる症状で、10代〜20代の方にAGAのような初期症状が現れます。こちらの場合も主に男性ホルモンが原因とされていますが、それ以上に普段の生活習慣の方がより深くかかわっています。

 

特に最近の若者は生活習慣が乱れやすく、不規則な睡眠や偏った食事などが原因になっている事が多くなります。

 

脂漏性脱毛症について

次に脂漏性脱毛症についてですが、この脂漏性脱毛症は皮脂が原因になっています。
余分な皮脂の量が増え、その皮脂が毛穴をふさぐ事や頭皮に炎症を起こす事で発生します。ただし、この脂漏性脱毛症は全体の1パーセント程度と言う非常に珍しいケースになります。
この症状は男性でも女性でも見られ、ホルモンバランスの乱れが原因になっています。ホルモンバランスが乱れると過剰に皮脂が分泌される事があり、それが原因になっているとされています。

 

このホルモンバランスの乱れも生活習慣やストレスが原因になっていると事が多く、性別はもとより年齢も問わない症状になっています。
次に粃糠性脱毛症についてですが、こちらは大量発生したフケが原因になっています。大量に発生したフケが毛穴をふさいでしまい、新しい髪が生えにくくなったり今ある髪が抜けやすくなったりします。
この場合もホルモンバランスの乱れが大きく影響していて、脂漏性脱毛症と同じように基本的にどのような方にも起こり得る可能性がある症状になっています。

 

性別・年齢に関係なく発症する「円形脱毛症」

そして円形脱毛症についてですが、こちらは読んで字のごとく円形に髪の毛や体毛が抜けていく症状になります。また一か所だけにできることもあれば複数か所にできることもあり、髪の毛以外の体毛にも症状は現れます。
この円形脱毛症の原因は現在でもハッキリとは解明されていません。

 

しかし強いストレスを感じた場合に髪の毛が抜ける事がありますし、日常的にストレスを感じている方も髪の毛が抜けるとされています。なので、ストレスが原因で円形脱毛症が起こるのではないかと言う説が現在では有力になっています。

 

女性に多い「産後脱毛症」

次に挙げられるものは産後脱毛症になります。
こちらは女性だけに見られる症状で、産後2〜3ヶ月くらいから始まって産後半年〜1年程度で治まると言う特徴があります。
この産後脱毛症の原因としては、産後に女性ホルモンが減少する事が最も多いものになります。しかし、ストレスや睡眠不足なども原因になる事があります。

 

また、妊娠中は基本的に女性ホルモンの分泌量が増えますので一時的に抜け毛などの量が減ります。そして産後に女性ホルモンが減少したことで今まで抜けていなかった毛が抜け、急に抜け毛の量が増えたように見える事も少なからず影響しています。
このように、はげにも色々な種類があります。しかし基本的には生活習慣の見直しやストレスの軽減などで改善できる事がありますので、まずはそれらのポイントを実践して改善を目指す事が重要になります。

 

そして生活習慣の見直しやストレスの軽減、睡眠時間の確保などでも効果が得られなかった場合に、上記のような種類に合わせた改善方法を講じたり医師の診察を受ける事が効率的な改善方法になると言えます。

 

 

AGAに多く見られる典型的なはげ方

男性の典型的な「はげ」であるAGAは男性ホルモンであるテストステロンが優位に働く部位から薄毛になってきます。

 

前頭部から頭頂部にかけては、テストステロンが優位に働いており、5αリダクターゼと言う還元酵素と結びつくことで、脱毛を促すジヒドロテストステロン(DHT)へと変化します。

 

そのため、AGA(男性型脱毛症)の典型的なはげ方として、

 

  • 額の両脇から薄毛が進行してくる「M字はげ」
  • つむじ周りからハゲて来る「つむじはげ」
  • 頭頂部から薄毛になってくる「てっぺんハゲ」

 

の3種類があります。
「M字はげ」「つむじはげ」「てっぺんハゲ」それぞれのはげの特徴と対策方法をご紹介致します。

はげの種類と対策|気になる「M字」「つむじ」「てっぺん」はげの対策記事一覧

M字はげ対策|ストレス対策・生活習慣の見直しも大切なM字はげ対策です

ある日、何気なく前髪を上げてみたら、M字はげが進行していた…!という話、どこかで聞いたことがあるかも知れません。前髪を下している方は、生え際の後退になかなか気付けませんよね。逆に、M字はげが進行してきているので、髪を伸ばして前髪を作るようになったという方も少なくありません。しかし、一見はげていないよ...

≫続きを読む

 

つむじハゲ対策|心身のリラックスと適度な発汗がつむじハゲ対策に!

自分はまだまだハゲていないと思っていても、実は”つむじ”のあたりが薄毛だったりしているかも知れません。生え際が後退するM字ハゲは比較的見つけやすいものですが、つむじ部分のハゲはなかなか自分では見つけられません。つむじハゲになった方の中には、美容院で何気なく指摘されて衝撃を受けたという方もいらっしゃい...

≫続きを読む

 

てっぺんハゲ対策はミノキシジルとフィナステリドが効果的

自分ではなかなか気付きにくい”てっぺんハゲ”。つむじだからかな…と思っていたら、知らない間にハゲのエリアが増えていた!なんてことはよく聞く話です。てっぺんハゲは、つむじハゲの進化版のようなもので、さらに放置しておくと、おでこ部分の髪の毛も同時に後退していってしまいます。放置しておくとひどくなるだけで...

≫続きを読む

 

つむじハゲに似合う髪型を美容師がご紹介!

現役の美容師です。今まで勉強したことを出来るだけ分かりやすく説明します。まず、つむじハゲに似合う髪型がどうこうということよりも、その人の好みや生活スタイルに合わせた髪型というのがとても重要になると思います。そこで、大きく2つに分けて考えていきます。短いスタイルと長めのスタイル。長めのスタイルはだいた...

≫続きを読む

 

てっぺんハゲでも似合う髪型

年齢を重ねてくると徐々に頭頂部の薄毛が目立つようになったりします。この状態はてっぺんハゲともいわれていますが、人によっては他人にどのように見られているのか気になってしまう人もいます。しかし、てっぺんハゲであっても、それに似合う髪型にすることによって、てっぺんハゲをうまく目立たなくさせることができます...

≫続きを読む

 

m字はげでも似合う髪型

m字はげは男性の良く見られる薄毛のタイプですが、このはげ方あまり悩む必要はありません。m字はげは似合う髪型がほかのはげ方に比べて多くあるからです。このタイプのはげ方になった場合、隠そうとして前髪を下ろすとおでこの広さが逆に目立ってしまったり、ふと髪をかきあげた時に驚かれたりします。帽子をかぶったりす...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ