植毛のデメリット

植毛のデメリット

男性に抜け毛や薄毛をもたらす原因には頭皮の汚れや頭髪にダメージを与える生活習慣、それにAGAという病気など様々な可能性が挙げられます。いずれの場合にせよ薄毛や抜け毛をそのままに放置しておくと、最初は日々の適切なケアで症状が改善できたものが徐々に悪化していき、最終的には頭髪の根本にある毛包が縮小して消滅してしまいます。この毛包が存在するうちはまだかろうじて改善の可能性が残っていますが、しかしこれがなくなるともうそこから毛が生える可能性はゼロになります。その場合には植毛などの方法で根本的な治療が必要です。

 

この植毛には人工毛を用いたものと自毛を用いたものの二つが存在します。いずれの選択肢を選んだにせよ、植毛の大きなメリットは治療の効果が出るのに長期間を要することなく、施術したその日に、植え込んだ分だけの頭髪を得ることができるという点です。つまり昨日まで薄毛に悩んでいた人でも今日からは頭髪の薄さに思い悩むことがなくなるのです。

 

植毛のデメリットとは

ただし植毛にはデメリットも存在するので注意しなければなりません。まずは人工毛の場合ですが、最近だとナイロンを使った高品質の人工毛で手触りやツヤもほとんど頭髪と変わりはありませんが、しかし人工毛は頭皮と融合することはなく、あくまで人工毛なので植え込んでも一年ほどで抜け落ちてしまいます。それゆえ定期的な植え替えのメンテナンスが必要となり、その都度、植え替えを行った人工毛の費用やその技術料として支払いが必要となります。

 

その一方、自毛の場合には自らの健康的な頭髪を毛包ごと採取し、頭皮に小さな穴を開けて植え込みますが、この際に頭皮に傷ができたり、出血することもあります。また、頭髪を切り取った頭皮が無毛状態となるので部分的なハゲのように見えてしまいます。そして自毛を採取して植え込んでという一連の流れにはかなりの技術力が必要なため、自毛植毛には高額の施術費用がかかります。その出費の大きさの部分も大きなデメリットと言えるでしょう。

関連ページ

植毛の効果
植毛は確実に髪の毛を増やせるので、効果を確実に実感できると言うメリットがあります。植毛の良さとしては自然な形で利用ができ、周囲からもあまり怪しまれないことです。特に自毛植毛はアレルギー反応もないため安心して治療する事が出来ます。

ホーム RSS購読 サイトマップ