若ハゲの年齢について|早い人は10代前半から発症する人も

若ハゲの年齢について|早い人は10代前半から発症する人も

思春期を過ぎると、自分の顔だちや体型が気になり始めます。そんな中、自分だけ頭が薄くなってしまったらどうでしょうか。

 

悲しい気持ちになってしまうかも知れません。

 

ここでは、若ハゲは何歳頃からはじまるのか、そして、現在の若ハゲの傾向について掘り下げていきたいと思います。

 

若ハゲが始まる年齢

10代でも若ハゲが始まることもある

 若ハゲは、30代までにハゲが始まった場合に使われる言葉です。そして、若ハゲが始まる最も早い年齢は、10代です。早い人であれば10代前半から症状が少しずつ進行する人もいます。性ホルモンが増え始める思春期の時期は髪の毛を含む体毛が増える時期のはずです。
しかし、睡眠時間が極端に短かったりお菓子ばかりを食べる生活が習慣化すると、若ハゲの引き金となってしまいます。

 

多感な10代は、恋愛や学校生活におけるストレスも、若ハゲを引き起こす原因になります。規則正しい生活とバランスの良い食事、そして、適度なストレス発散は、男性女性問わず必ず行いましょう。親が言う「お野菜を食べなさい!」「早く寝なさい!」という言葉も毎日聞いて耳にタコができているかも知れませんが、若ハゲ対策という点から見るととても正しいことを言っているのです!

 

20代の若ハゲは本格ハゲの予兆か

 10代で薄毛を体験して克服できた人が、20代に入って薄毛が再発してしまうこともあります。また、ハゲの家系ではないから大丈夫と安心している人でも、頭頂部を触っていたら毛無し状態だった…ということも。若ハゲは、遺伝ではない人でも発症する可能性が十分にある症状です。今を生きる20代は、体にムチを打って様々なことに挑戦する年齢でもあります。

 

カラーリング、脱色、飲み会、徹夜、ダイエット、高カロリーな食事など、10代よりもワンランクオシャレに、楽しい毎日を送るのは素敵なことです。しかし、これらは体に負担をかける要因にもなりえます。また、結婚や転居、出産など、人生のうちの大きな行事をこなすことが多い年齢でもあるので、知らないうちに大きなストレスを抱えていることも少なくありません。

 

30代を目前に今後の髪の毛事情を不安に感じたら、専門家の意見を聞くことも大切です。男性特有の症状であるAGAは、20代前半から発症する可能性があります。病院には行くのが面倒だと思って市販の育毛剤や育毛シャンプーなどを購入してしまいがちですが、本当に治したいのであれば、根本から治療するつもりで専門家の扉をたたきましょう。

 

社会を支える30代は、若ハゲになりやすい

 会社生活や家族を持つ生活も板につき、原動力として社会を引っ張る30代。10代や20代の時のように自分中心に過ごせる生活から、後輩や子供の面倒を見る機会が増える年齢です。同時に、20代の頃のように無理がきかなくなり始める時期でもあります。

 

今までは徹夜明けもバリバリ働けたのに、最近はなかなか疲れが取れない…という会話、30代で一気に増えてきますよね。
これは、成長ホルモンの分泌量が減少し、寝ている間に体を修復する能力が衰えたことが原因です。30代の薄毛や脱毛の症状は、壮年性脱毛症と言われます。AGAの症状が最も多く出るのもこの時期で、同世代の人の中にもちらほら若ハゲの人を見つけられるようになるでしょう。
 体の衰えは、もちろん発毛にも大きな変化をもたらします。特に、代謝が落ちたなと感じる方は、定期的な運動を取り入れるなどして血行促進を心がけましょう。また、ラーメンやビールなどの食事が中心の方は、お野菜を取り入れた食事への見直しを徹底し、血液をさらさらにする努力が必要です。

 

 規則正しい生活やバランスのとれた食事をしているにも関わらず薄毛や脱毛など若ハゲが気になる場合は、遺伝やAGAの症状が原因かも知れません。効果的な治療をするためには、育毛の専門機関へ行くことをおすすめします。原因がよく分からず雲をつかむような状態のままいるよりも、ご自身の頭皮が今どのような状態なのかを診断してもらい、適切なアドバイスをもらいましょう。

 

若ハゲは特別なことではない

若ハゲの傾向

 若ハゲはごく少数の人が発症するという印象があるかも知れませんが、ここ15〜20年の間で若ハゲの人口は確実に増加しています。それは、現代の生活にパソコンやゲームが普及し、目や体を酷使したり睡眠不足になったりする人が増えていることが原因です。通勤途中に携帯を見るのが当たり前、部屋に戻ればゲームやパソコンをするのが当たり前になっている昨今、体にストレスをかける機会が確実に増えていることは避けられない事実です。

 

 もし、若ハゲという事実が恥ずかしくて病院にも行けない…と思っているとしても、ぜひ堂々と医療機関を訪れてください。今ハゲている人のことを笑っている人がいたとしても、「明日はわが身」の時代です。そして、医薬部外品(医学的に効果が実証されていない)の成分入りの育毛シャンプーをネットで注文する時間があるのなら、早く眠って頭皮を修復する時間に当てた方が頭皮に優しいですよ。

関連ページ

若ハゲ予防に効果的な方法とは?育毛剤以外の若ハゲ予防法
若ハゲ予防は育毛剤を使用していれば大丈夫と思っていませんか?若はげを効果的に予防するためにはプロペシアなどの医薬品を服用する事や生活習慣の改善が必要不可欠ですよ。
若ハゲ芸能人|まさかあの有名人も若ハゲ?
若ハゲの芸能人|まさかあの有名人も若ハゲ?
若ハゲをAGA専門クリニックで治療するメリット
若ハゲはAGA専門クリニックで治療するメリットは、個人個人の症状の現れ方や原因などを、医師や専門家の豊富な知識や経験のもとで丁寧にアプローチしていくことにあります。年を重ねた人の通常の脱毛の原因は、長年頭皮に蓄積されたストレスや毛根の成長の衰退など概ね共通しているのに対して、若ハゲは個人によって症状が異なれば、その原因もまた異なるため、AGA専門クリニックで治療することが望ましいと言えます。
若ハゲ対策
若ハゲ対策するためには、ただ市販の育毛剤などを乱用するだけでは効果がありません。まずは、どのような生活を経て若ハゲに至ったのか、原因をしっかりとつきとめることから若ハゲの対策を始めましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ