若ハゲ対策

若ハゲ対策

若はげ

近年増えつつある若ハゲ。自分はそうならないと思っていても、よくよく調べてみたら頭のてっぺんがハゲかけていた!などという話はよく耳にします。

 

すでに若ハゲと言われる症状に陥ってしまっている場合は、どのような対策をとればよいのでしょうか。

 

若ハゲ治療は原因を知ることから

若ハゲから脱却するためには、ただ市販の育毛剤などを乱用するだけでは効果がありません。まずは、どのような生活を経て若ハゲに至ったのか、原因をしっかりとつきとめることから始めましょう。
一般的に、若ハゲを引き起こすと言われる原因は、以下のようなものがあります。あなたは大丈夫ですか?

 

  • カラーリングや脱色などを繰り返し、頭皮に強い負担をかけている
  • 長期間紫外線に当たることが多い
  • 長時間パソコンに向かう仕事をしている
  • 自分の頭皮に合わないシャンプーや整髪料を使っている
  • ストレスフルな毎日を送っている
  • 夜中に脂っこいものやアルコールを摂取することが多い
  • 運動はほとんどしない
  • 母方の誰かにハゲている人がいる

 

このように見ていくと、頭皮に負担をかける状態や、体の新陳代謝を落とすような生活習慣が若ハゲを引き起こしていることが分かります。髪の毛を作る毛根の部分に十分な栄養を届けることができないと、元気でコシのある髪の毛が生えることはありません。これは、十分な栄養が含まれている土で野菜を育てるか、かさかさに乾燥した土で育てるかの違いに似ています。元気な髪の毛を作るためには、髪の毛の工場である毛根部分の環境を整えてあげることが大切です。

 

若ハゲの原因の一つに遺伝がありますが、遺伝が関係しているのは”母方”の方です。ハゲの遺伝子は、女性しか所有していないX染色体上にあるため、男性方からはハゲの遺伝子をもらうことはありません。そのため、父親がハゲているかどうかよりも、お母さんのお父さん、つまり母方のおじいちゃんがハゲている場合は気を付けた方がよさそうです。
まだハゲていないという方も、寝起きにコシのない細い髪の毛が抜けていることが増えてきたら、それは薄毛のサインですよ!

 

効果的な若ハゲ対策@ 〜生活習慣の改善を〜

上にご紹介したような生活習慣を送っている方は、まずすぐに規則正しい健康的な生活習慣を身に着けてください。若ハゲ対策は、ここからがスタートになります。お仕事が忙しくてどうしようもない方も、お昼に食べる食事の内容を魚料理中心にしたり、コーラやアルコールを飲む生活からお茶を飲む生活に変えたりすることはできるはず。時間がある時は軽く運動をし、体に溜まった老廃物をぬきましょう。定期的に汗をかけばリンパや血液に溜まった老廃物を流れるので、頭皮の血行促進が期待できます。頭皮のみのマッサージよりも全身の血行促進を心がけた方が、薄毛の進行を遅らせることが期待できます。

 

効果的な若ハゲ対策A 〜専門治療院へ相談してみる〜

医師

もうひとつの対策は、AGA専門の治療院へ通うことです。目に見えない頭皮の内部事情は、専門家に診てもらうのが一番です。
いかにも効果がありそうな市販薬は沢山販売されていますが、その多くは医薬部外品であり、絶対的な薄毛対策ができる成分が含まれていないものも少なくありません。

 

効果が出るかどうか分からないものに高いお金を払うのであれば、専門医に診てもらい、適切な処方薬にお金を出した方が良いですよね。
多くのクリニックでは初回のカウンセリングが無料です。
「病院」や「治療」という言葉に敷居の高さを感じる方も、無料であればアドバイスをもらいにいく感覚で足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

クリニックの中には、トレンディエンジェルの斎藤さんが通っているクリニックもあります。
日本の若ハゲ代表が通っていますので、クリニックの実績の高さが期待できます。

 

無料診断は、自分がどのような種類の若ハゲなのかをチェックすることができます。自分の若ハゲ事情を知るだけでも、今後の治療の方向性が見えるのでとても有効です。

 

効果的な若ハゲ対策B 〜有効成分を把握する〜

クリニック通いでの若ハゲ治療が難しい場合は、若ハゲに効果的であると実証されている成分含有の市販薬を使用することをおすすめします。育毛に効果がある成分は、ミノキシジルとフィナステリド(商品名:プロペシア)の2種類です。これらの成分は医薬品として取り扱われており、効果効能が実証されている成分です。

 

ミノキシジルは血管拡張作用、フィナステリドは男性ホルモンの分泌を抑制する作用があります。
とにかく生やしたい!という方はミノキシジル、遺伝や生活習慣によって失われつつある本来の育毛環境を取り戻したい!という方は、フィナステリドの使用をおすすめします。女性の場合は男性ホルモンがとても少ないため、フィナステリドではなくミノキシジルの服用がおすすめです。

関連ページ

若ハゲの年齢について|早い人は10代前半から発症する人も
若ハゲを発症する年齢は、早い人であれば10代前半から進行する人もいます。睡眠時間が極端に短かったりお菓子ばかりを食べる生活が習慣化すると、若ハゲの引き金となってしまいます。また20代になるとストレスを引き金に若はげになる人も増えます。
若ハゲ予防に効果的な方法とは?育毛剤以外の若ハゲ予防法
若ハゲ予防は育毛剤を使用していれば大丈夫と思っていませんか?若はげを効果的に予防するためにはプロペシアなどの医薬品を服用する事や生活習慣の改善が必要不可欠ですよ。
若ハゲ芸能人|まさかあの有名人も若ハゲ?
若ハゲの芸能人|まさかあの有名人も若ハゲ?
若ハゲをAGA専門クリニックで治療するメリット
若ハゲはAGA専門クリニックで治療するメリットは、個人個人の症状の現れ方や原因などを、医師や専門家の豊富な知識や経験のもとで丁寧にアプローチしていくことにあります。年を重ねた人の通常の脱毛の原因は、長年頭皮に蓄積されたストレスや毛根の成長の衰退など概ね共通しているのに対して、若ハゲは個人によって症状が異なれば、その原因もまた異なるため、AGA専門クリニックで治療することが望ましいと言えます。

ホーム RSS購読 サイトマップ