若ハゲ予防に効果的な方法とは?育毛剤以外の若ハゲ予防法

若ハゲ予防に効果的な方法とは?

若年性脱毛症と言われる若ハゲは、40代以降に発症する脱毛症に比べて予防しやすいという特徴があります。それは、若ハゲの原因が生活習慣から来るものであることが多いためです。若ハゲの症状は、気づかないうちに少しずつ進行していきます。若ハゲを防ぐためにも、効果的な予防法を選択していきましょう。

 

有効な育毛剤を使って若ハゲ予防

 若ハゲの予防策の一つに、育毛剤を使うという選択肢もあります。インターネットで調べてみても、チャップアップやプランテルなど、実に様々な育毛剤が販売されています。育毛剤と聞いただけで、使えば必ず髪が増えると思ってしまいがちですね。それもそのはず、育毛剤の広告には、実感率99.9%や全額返金保証などのうたい文句が書いてあります。しかしながら、医学的観点から見ると必ずしも髪が生えるという確約はできない製品が多いのです。
 髪の育毛に直接効果が期待できるのは、フィナステリドとミノキシジルという成分が含まれている場合です。これは医薬品として認定されており、効能も実証されています。市販で販売されている育毛剤の多くは、自然由来の成分で副作用がないものであったり、パッケージの裏をよく見てみると、医薬部外品と書かれていたりします。育毛剤を使用して予防をする場合は、このような育毛剤の違いを把握して選択すると良いでしょう。フィナステリドは、プロペシアという名前で医療機関から処方されるでしょう。

 

適度な頭皮ケアで若ハゲ予防

 発毛を妨げないようにするためには、まず頭皮の状態を正常に保つことも大切です。正常というのは、皮脂の異常分泌や乾燥が起こらず、水分と油分がバランスよく混在している状態です。思春期を迎えた10〜30代の間は皮脂が分泌しやすいので、毎日お風呂に入り、シャンプーで頭皮をきれいにすることが大切です。余計な油分を排除することは、酸化して炎症したりホコリがついて汚れたりする機会を減らすことにもつながります。
 また、慢性的にストレスを感じている人や体を駆使している人の頭皮は、硬くなる傾向があります。これは、心身にかかるストレスによる血流低下が原因です。中には、頭皮を指の腹で触れるだけで痛みを感じるほど固まっている人もいます。忙しいのを理由に放置せず、定期的に頭皮の状態をチェックすることが大切です。

 

大豆やビタミンをとる生活で若ハゲ予防

 若ハゲを予防する方法の一つとして、食生活の改善は大変有効です。若ハゲが起こる原因には男性ホルモンが関わっていることが多いため、男性ホルモンの働きを抑制するエストロゲンと似た構造を持つ大豆イソフラボンを摂取すれば、若ハゲ予防になります。大豆イソフラボンは、納豆や豆腐などの大豆製品に含まれています。納豆や豆腐の味が苦手という方は、油揚げやお味噌汁からイソフラボンを摂取してみてはいかがでしょうか。
 また、毛髪が元気な成長をとげるためには、ビタミン群の摂取が欠かせません。ビタミンは13種類ありますが、中でもビタミンA、B2、B6、C、Eを摂取すると良いでしょう。トマト、緑黄色野菜、レバー、牛乳、バナナ、みかん、ナッツ類などをバランスよく取り入れ、頭皮の細胞を活性化しましょう。頭皮によい食べ物は体にもよく、代謝アップや体重コントロールを同時に行うことも夢ではありません。

 

喫煙生活から運動生活へシフトして若ハゲ予防

 「ハイリスクノーリターン」と言われる喫煙は、もちろん頭皮にとっても恐ろしい存在です。妊婦さんが喫煙してはいけない理由でもあるのですが、喫煙は体全体の血行不良を引き起こします。喫煙によって流れるべき場所に健康な血液を届けることができない状態は、体にとって良いとは言えません。ニコチン成分やタバコ独特の香りがストレスを一時的に和らげてくれるものだとしても、それは本当に一瞬の出来事に過ぎません。
 ストレス解消には、タバコよりも運動がおすすめです。運動をすると、幸福感を感じるβ-エンドルフィンや新陳代謝を上げる成長ホルモンが分泌されます。運動は体に負担をかけるものと思われがちですが、適度な運動であれば毎日でも取り入れた方が、心身共に健康になりやすいのです。

 

ゴールデンタイムには睡眠をとって若ハゲ予防

 みなさんは、睡眠のゴールデンタイムをご存じでしょうか。それは、22時から午前2時の間です。この4時間の間に熟睡することができていれば、効率的に成長ホルモンを分泌させることができます。熟睡するためには、就寝直前にスマホやパソコンの画面を見ないことも大切です。液晶画面から放たれる光は脳を刺激し、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなったりする原因になるので気を付けましょう。
 質の高い睡眠は、体の疲れを回復させてくれる他にも、自律神経の乱れを調整してストレスがかかりにくい体へ促してくれる効果があります。血行促進を促すためにも、寝る前に股関節のリンパをマッサージするのもおすすめです。

 

このように、若ハゲの予防法には様々な種類があります。これらの予防法をバランスよく行い、若ハゲに打ち勝つ強靭な髪の毛を手に入れましょう!ハゲについての不安や悩みがあったら、専門のクリニックで話を聞いてみてくださいね。

関連ページ

若ハゲの年齢について|早い人は10代前半から発症する人も
若ハゲを発症する年齢は、早い人であれば10代前半から進行する人もいます。睡眠時間が極端に短かったりお菓子ばかりを食べる生活が習慣化すると、若ハゲの引き金となってしまいます。また20代になるとストレスを引き金に若はげになる人も増えます。
若ハゲ芸能人|まさかあの有名人も若ハゲ?
若ハゲの芸能人|まさかあの有名人も若ハゲ?
若ハゲをAGA専門クリニックで治療するメリット
若ハゲはAGA専門クリニックで治療するメリットは、個人個人の症状の現れ方や原因などを、医師や専門家の豊富な知識や経験のもとで丁寧にアプローチしていくことにあります。年を重ねた人の通常の脱毛の原因は、長年頭皮に蓄積されたストレスや毛根の成長の衰退など概ね共通しているのに対して、若ハゲは個人によって症状が異なれば、その原因もまた異なるため、AGA専門クリニックで治療することが望ましいと言えます。
若ハゲ対策
若ハゲ対策するためには、ただ市販の育毛剤などを乱用するだけでは効果がありません。まずは、どのような生活を経て若ハゲに至ったのか、原因をしっかりとつきとめることから若ハゲの対策を始めましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ